独自性の高いビジネスを武器に世界で戦っていく

代表写真

新興国における著しい経済成長を背景に、私たちプラントエンジニアリング会社の技術力が必要とされるエネルギー関連や、社会インフラ整備といった事業フィールドが活況を呈しています。ところが、数千億から一兆円規模の“メガプロジェクト”を完遂できる技術力、およびマネジメント力を有する企業体は、世界的に見ても数社しかありません。私たちが属する日揮グループは、その稀有なる企業体のひとつに数えられ、世界中から寄せられる期待に応えるべき存在となっています。
日揮プラントイノベーションは、そんな日揮グループ内において、日揮本体とともにメガプロジェクトに参画すると同時に、独自ビジネスとして数十億、数百億円規模の中小型プロジェクトにもフレキシブルに対応できることが強みです。また、グループの一員として培ってきた技術力と世界に広がるローカルネットワークを駆使しながら、コスト競争力と意思決定のスピード感によって他社との差別化を図り、独自の存在感を築き上げてきました。
また、現在当社の売上の過半を占めるメンテナンスビジネスも順調に推移しています。プラント施設の検査、診断、改造工事までをワンストップで対応できる企業は、世界的に見ても珍しく、今後も安全対策や生産計画の見直しによる施設増強などの需要が高まるにつれ、当社の価値がさらに向上していくことは間違いありません。
これら二つの独自ビジネスを武器に、今後もアジアのみならず、中近東、アメリカ、アフリカ、オーストラリア、ロシアなど、フィールドを拡大していく所存です。そのため、世界を相手に物おじせず、オープンマインドで立ち向かっていくことができる若手社員に期待しているのです。ぜひ、自らの手でチャンスを獲得してください。そして、世界で活躍するエンジニアへと成長していただきたく思います。

代表取締役社長 吉田 健一