会社を知る

日揮プラントイノベーション(株)は日揮グループのうちエンジニアリング事業に関連する2社が2013年7月に統合して、両社の持つ技術内容を一層深め、日揮グループ関係会社中最大のエンジニアリングサービス企業として発足しました。
何が資源と認識されるかはその時々の時代背景や社会情勢によって異なりますが、これまでは単なるゴミとされていたものでも、技術の発達に伴い資源とされたり、逆にこれまで利用され資源と認識されたものでも、社会の変化とともに資源でなくなったりするものもあります。
我々エンジニアリング会社は、目的達成のために、その資源を今まで培ってきた技術・人材・物質を自在に結合させ、工程を管理し、最も適した組み合わせの上で現実(かたち)にすることを得意としています。

特徴を知る

日揮プラントイノベーションのポテンシャル

日揮プラントイノベーションのポテンシャル

役割を知る

様々な分野で活躍する日揮プラントイノベーション

事業を知る

石油・石油化学分野
これまでプラント建設プロジェクトで培ってきた技術、知識、経験、ノウハウをベースに、プラント設備の長期安定操業を視野に入れ、EPC、改造工事からメンテナンスまで高度な技術力、設備管理システムにより、信頼性が高く、且つ経済的なサービスを提供することができます。
ケミカル処理分野
ケミカル分野において、石油化学の誘導品である合成洗剤原料、合成繊維、合成ゴム、合成樹脂の領域で、又、一般化学、ファインケミカルの領域で、日揮で培った技術力を持ち、基本設計段階での援助から、詳細設計、調達、建設、メンテナンスの全てを含むプロジェクトの遂行を行っています。
ガス処理分野
ガス処理分野は、特に国内の天然ガス生産会社の顧客を対象とし、生産される天然ガスを処理する天然ガス処理プラントの基本設計、詳細設計、調達、建設、試運転、メンテナンス業務及びプロジェクト遂行業務のサービスを提供しています。
燃料・備蓄化学分野
これまでの燃料・備蓄プロジェクトにて培った技術・知識・経験・ノウハウを生かし、コンサル業務である、予備調査、立地調査、技術調査、フィージビリティスタディから基本計画、基本設計、詳細設計、建設、試運転に至るまでの燃料・備蓄分野全般にわたるプロジェクト業務の遂行を行っています。
空港給油分野
国内、海外で空港施設を構成する航空燃料供給設備に関わるコンサル業務から基本計画、基本設計、詳細設計、調達、建設、フラッシング、試運転、メンテナンス業務、航空燃料供給設備の近代化、改造計画等のサービスを提供しています。
発電分野
当社では、2012年よりプロジェクト部門内に発電グループを発足し、太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの発電所建設業務を、事業者の事業化計画、申請関係の助勢から設計施工による建設に加えて、稼働後の保守管理まで一貫した取組みを行っています。太陽光発電は、文字通り太陽光を利用した発電システムでクリーンで安全な発電システムです。これからも、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーによる発電所の建設に前向きに取組んでいきます。

プロジェクト

日揮プラントイノベーションプロジェクト紹介

当社は、国内外で豊富なプロジェクト実績を有しています。
過去のEPC実績は下記よりご覧いただけます。

実績実績

さらに日揮プラントイノベーションを知りたい方は、新卒採用ホームページをご覧ください。

  • 日揮プラントイノベーションとは
  • ビジネスフィールド
  • 社員紹介