専攻別活躍フィールド

専攻活躍フィールド

職種紹介

プロジェクトエンジニア

プロジェクトマネージャーの補佐役として、設計、調達、建設などの各部門と連携し、プロジェクト全体が円滑に進むよう、コスト面、スケジュール面から全体のコントロールを行う。

プロセスエンジニア

プラントは、原料から製品を作り出す生産設備。そのプラントを設計していく中で、どこで圧力をかけるか、どこで加熱するか、どこで分解・抽出をするかなど、一連の流れを考え出す。各機器を、プラント敷地内のどこに配置するかも検討する。

配管エンジニア

全ての機器をつなぐ配管の設計を行う。プラントを定められた敷地内に収める、配管同士の接触を避けるなどを考慮して配管のレイアウトを決定する。理想は全ての機器を直線で繋げることだが、曲線を用いなければならない箇所も発生する。これら配管の設計は、プラントの外観を決定付ける。

機器エンジニア

コンビナートに見られるタンク、空気・水など流体を送り出すポンプ、熱や蒸気を生み出すボイラーなどの設計を行う。各機器は外見上同じものに見えても、実際は一つ一つが条件に応じたオーダーメイドとなっている。

土木エンジニア

土木エンジニアはプラント設計の肝となるポジションである。プラント設計は、プロセス・機器・配管等といった上流設計から順に流れるが、この最下流に位置するのが土木設計となる。しかし、建設となるとその順序は逆転し、土木工事が最初となり、時間的に最もタイトな状況でのエンジニアリングが求められる。

建築エンジニア

巨大なプラント全体をコントロールする電気・計器室棟および生産機器と一体となったコンプレッサー建屋、ボイラー建屋などの工場建屋棟を中心とした対象建築物の設計と監理が主な業務である。

電気エンジニア

電源の確保や電圧のコントロールなど、電気に関わるすべての設計を行う。電力会社では分野が明確に分かれているが、エンジニアリング会社では強電・弱電の両分野を網羅し、電気に関わる全てを担当する。

計装エンジニア

プラント操業中は、温度・圧力の変化を測定・調整し、一定状態に保持する必要がある。そのための測定機器の設置及び制御機器(コントロール装置)の設計を行う。コントロールルームに設置する制御機器はメーカーと共同で開発する。

調達エンジニア

設計は、紙やコンピューターで描いた2次元のモデル。調達では設計を元に、実際に手で触れられる状態の3次元モデル化させるため、メーカーに資機材を発注し、開発工程のチェックや検査を行い、現地への輸送を行う。

コンストラクションエンジニア

設計(2次元モデル)を元に、調達(3次元モデル化)した資機材を、最終的にプラントの形に組み上げていく役割。施工の担当業者を決定し、実行段階でトラブルシューティングを行いながら、担当業者の監督を行う。

メンテナンスエンジニア 設備診断エンジニア

メンテナンスエンジニアは、完成して、操業を開始したプラントの日常点検、定期点検、メンテナンス等を行う。設備診断エンジニアは、操業開始後のプラントのトラブルを未然に防ぐため、日常検査・定期検査業務を実施する。

品質管理(QC)エンジニア

確かな技術力、知識、管理能力と豊富な経験を基にプロジェクトの設計、調達、建設ステージで関連部門と連携し、製品に対して要求される品質が確実に確保されるための活動を通じてトラブルの未然防止を図りプロジェクトへ貢献する。